外資系企業で働くメリットとデメリットについて

外資系企業のメリット

日系企業に比べて、外資系企業の給与水準は高めと言われています。そもそも外資系企業では成果主義が採用されている事が多く、基本給にインセンティブが加算される形で給与額が決定します。当然ながら良い成績を出した人ほど評価が高く、給与も高くなるため、若い世代でも十分に高収入を得るチャンスがあります。向上心が高く、会社から正当な評価を受けたいというタイプの人にとっては、ストレスを感じない理想的な職場環境と感じるかもしれません。

また仕事とプライベートのメリハリがつけやすいのも、外資系企業の魅力と言えます。仕事が終わってからまで上司に付き合う必要はなく、自分のプライベートな時間はしっかり確保できます。さらに産休や育休の取得を積極的にサポートしており、子育て中の女性は短時間勤務など柔軟な働き方が可能です。子供を育てるためにキャリアを諦めるといった事もなく、女性も積極的に出世を狙えるのです。

外資系企業のデメリット

外資系企業の場合、日系企業に比べて雇用が不安定になるのは否めません。日系企業は終身雇用制度で守られていますが、成果主義の外資系企業は成果を出せない社員にはシビアな評価を下します。のんびりとマイペースに仕事をしていると、降格や減給、さらには解雇される可能性も出てきます。また給与水準は高めですが、住宅手当や退職金など福利厚生はあまり充実していません。つまり、せっかく年収アップを目指して外資系企業へ転職したものの、意外と貯蓄が増やせないといった事態に陥る可能性もあるのです。

外資系求人は、特定の分野のスキルや保有資格などが重視されるものが目立ちますが、実力のある人は若くして高収入を稼ぐことも可能です。