送迎バスドライバーになりたい?求人の探し方を知ろう!

送迎バスドライバーは安定職

ドライバーの仕事をしたい人の間では送迎バスドライバーに人気があります。これから初めてドライバーになるという人にとっても大きな魅力があるのが送迎バスドライバーです。送迎バスは介護や保育、学校などの施設に専属して仕事をします。定刻通りに運行できるように仕事をするのが基本で、朝と夕方に運転をすることになるのが通例です。送迎バスドライバーは施設の運営に欠かせない人材なので雇用の安定性が優れています。また、働く時間もはっきりと決まっているのでワークライフバランスを整えやすいのが特徴です。バスは中型免許か大型免許を必要とすることが多いので、免許を持っていると採用される確率も高くなる点で初めての人も選びやすい安定職です。

求人を探すときのコツ

送迎バスドライバーの求人は見つけるのが難しいのが大きな問題です。安定職として知られていることから、終身雇用をしてもらって働くのを前提としている人が多くなっています。施設ごとに必要とされる人数も限られているため、定年退職をする段階になって新しいドライバーが募集されるのが通例です。求人を探すときにはこのような事情を加味して探すことが重要になります。基本的には地域に根差したサービスを提供している施設が対象になるので、ハローワークに求人が出るのが特徴です。ハローワークに相談して紹介してもらうのを基本として探すようにしましょう。求人を見つけたらすぐに応募し、競争相手に比べて少しでも有利な立場になるのがコツです。

ドライバーの求人は、未経験者や中高年者も働きやすい宅配ドライバーや、大型免許や経験が必要となる長距離ドライバーまで様々です。