プラントの仕事探しで後悔しないためには何が大切?就活の方法はどんなものがある?

入社後の教育がきちんと行われているメーカーを探そう

プラントの仕事は、設計や施工管理、運用、保守など様々な職種があり、それぞれ求められる専門性や経験、適性などが異なります。そうした中、プラントの仕事探しで後悔をしないためには、就活中に興味のあるプラントの見学をするのはもちろんのこと、入社後にどのような教育を受けられるのか確認することも必要です。たとえば、各地に大規模の工場を経営するメーカーの中には、若手のプラントエンジニアを育て上げるため、入社後に個々の学歴や保有資格、専門分野などに応じて研修を行ったり、外部の講師を招いたりしているところも珍しくありません。また、中堅のエンジニアを対象に日々の業務に直接関わる専門スキルだけでなく、部下のコーチングやマネジメントなどの研修を行っているメーカーもあり、入社後に順調にキャリアアップを図ることが可能です。

国内外のメーカーが集まる就職関係のイベントに参加

プラントの仕事選びの方法にはいくつかありますが、自分のスキルや資格をどのように生かせば良いのか悩んでいる時は、国内外のメーカーが集まる就職関係のイベントに顔を出すのがおすすめです。イベントによっては、各ブースでプラント内のエンジニアの主な業務内容や役割、勤務体系など詳しく知ることができるものや、会場内で一次面接や適性検査を受けられるものもあります。また、メーカーの業績によって、入社後に同様の業務を担当する場合でも、給料や福利厚生に大きな差が出ることがあるため、妥協することなく志望企業を決めることが肝心です。

プラントエンジニアリングは、大規模の生産工場を経営するメーカーにとって重要な業務といえ、各地のプラントで施工やメンテナンスを担う人材の育成が急務となっています。