工場の仕事選びで迷っているなら、現場を見学してみよう

仕事選びには、具体的で詳細な情報が欲しい

求人サイトや求人票から得られる情報量には、限りがあります。例えば「組み立て」とか「梱包」といった作業内容に関する情報なら、どの求人媒体にも書いてありますが、工場内で具体的にどんな機械を使うのか、どれくらいの重量の製品を扱うのかといった、詳しい内容まで分からなかったりします。不明な点があるなら、面接の時に逆質問する方法もありますが、もし可能であれば工場見学をおすすめします。もっともどこの工場でも、見学できる訳ではありません。例えば機密情報を扱っている工場では、関係者以外は立ち入れないと思ってください。

工場内の環境や職場の雰囲気も把握できる

その一方で、工場側から希望者に見学の手配をしてくれるケースも珍しくありません。そうした案内がなくても、自分から問い合わせて、見学をさせてもらう求職者もいます。「百聞は一見に如かず」と言いますが、実地見学をすると、工場内の清掃や衛生状態、空調管理、従業員の年齢層や男女比の割合など、作業内容以外にも多くの情報が得られます。例えば求人情報サイトなどで「アットホームな職場」と紹介していても、曖昧なイメージしか湧きませんが、現場に足を運べば職場の雰囲気も掴みやすくなるでしょう。見学した結果、事前に想像していたのと、実際に現場で知った仕事内容や職場環境との間に、大きな開きを感じる人もいるかもしれません。しかしそれを知っておくことで、自分に合わない職場への就業を回避できるとも言えます。逆に見学したことで、仕事への関心が更に高まり、前向きな気持ちになれる人もいるでしょう。工場の仕事の選び方として、現場の見学は是非おすすめしたい方法です。

一口に工場の求人といっても、業種も職種もさまざまです。中には工場の事務所での事務といったものもあります。自分の能力、適性、興味などとよく照らし合わせて応募する必要があります。