色々ある工場の仕事!よくある仕事内容と向いている人とは?

単調な仕事が得意な人向きのライン作業

工場の仕事の中でも代表的で、求人の数も非常に多いのは、ライン作業です。基本的には、ベルトコンベアを流れてくる製品に、何らかの手を加える仕事です。具体的な作業内容は、食品工場であればひとつの食材を乗せていく、自動車工場だと専用の機械を使って部品を取り付けていくという風に、工場によって大きく異なります。そして、ほとんどの工場では、誰でもできるように工夫されていて、ライン作業での仕事に資格はまず必要ありません。作業内容は単調で、同じ作業を繰り返す形です。日によって作業内容が変わる場合もありますが、数時間同じ作業を続けることは決して珍しくありません。したがって、単調作業が苦にならない人向けです。

ひとりでの仕事が好きな人に合っているピッキング

工場の仕事では、倉庫から部品を取って来て、ライン作業の現場に運ぶというピッキングも代表的です。基本的には倉庫と現場を往復する形で、チームを組むことはありません。個人に与えられたピッキング指示に従って、倉庫での部品探しと運搬を行います。そのため、ひとりで働くのが苦ではないという人向けと言えるでしょう。

コミュニケーション力が必要となる生産管理

ライン作業やピッキングの仕事は、コミュニケーションをあまり必要としません。しかし、工場の仕事が全てそういうわけではなく、生産管理の仕事では、コミュニケーションが重視されます。工場の仕事が順調に進むよう指示したり、クライアントの要望を現場に伝えたりする仕事です。現場で働く人とクライアントの両方を相手にする必要があるため、コミュニケーションが重要視されます。そのため、大勢の人と臆することなくやり取りができる人向けの仕事と言えます。

寮付きの求人はすぐに働く事が出来るメリットがありますが、それだけではなく、安く住む事が出来るケースが多いです。