工場で働きたい!…でもどうやって選べばいいの?

工場といえばやっぱりライン作業!

工場での仕事といえば、多くの人がライン作業をイメージされるのではないでしょうか。ライン作業を簡単に説明すると、「一つの製品を大量に製造するための仕組み」です。殆どの場合、マニュアルがありますので、初心者や未経験でも採用される確率が高いです。繰り返しの作業であるため、慣れてしまえば精神的な負担は少ないかもしれません。しかし、集中力が続かない人や完璧主義過ぎる人には向かない場合もあります。ライン作業に限ったことではありませんが、作業効率を上げる工夫や安全の確保が必要とされます。

工場の中には職人がいる!?

工場は主に製造を目的としていますが、その中でも専門的な分野であれば、長年の勘や卓越した技術を必要とする場合もあります。気温や湿度によって調整したり、指先の感覚で見極める作業は、正に職人の業と言えるでしょう。自分の興味のある分野がそういった場所であれば、長く務めることも可能ですし、やりがいや充実感も得られるでしょう。世界で活躍している物の中には、一つの町工場だけで作られていることもありますよね。

製造ラインを支える仕事も工場にはある!

他の職種にもあるように、「営業」担当も居れば、「総務や一般事務」「開発」といった、様々な部署で成り立っています。「開発」はその名の通り、どんな品物を作るのか、またどうやって作るのかを考えることがメインの部署となります。発想力に自信のある人や、様々な観点から物事を捉えることが出来る人に向いています。他にも製造するスケジュールを管理する部署等もありますので、単純作業や専門的な作業は向いていないかもしれない、自信がないと思う人は、そういった部署を検討してみるといいのではないでしょうか。

住み込みの求人とは職場が住まいを確保してくれる求人のことで、探すなら「リゾートバイト」「住み放題」「寮費無料」などで検索するのがおすすめです。中には、農業の収穫期など一定期間限定の場合もあります。