外資系企業の企業へ転職するメリットとデメリットについて考えてみよう!

仕事を進めるスピードは個人に任されている

日本への進出も多く見られるようになった外資系企業。求人も多いので、外資の企業を転職先の候補として考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、文化の違う海外から来た企業で働こうと思っても、中々はじめの一歩を踏み出すことが出来ないのが実情です。そんな外資系の企業ですが、日本の企業への転職では得ることが出来ないメリットを数多く持っています。

その中でも最も大きいメリットが仕事と生活のバランスが取り易いと言う点。これはいわゆるワークライフバランスと呼ばれているものですが、外資の企業では労働と休暇のメリハリをしっかりと付けることが出来ます。例えば忙しい時期は残業もやむなしですが、もし自分の仕事が終わっているのなら無駄に残業する必要もありません。日本の企業の場合だとまわりに合わせて無駄に残業をしてしまうこともありますが、外資の企業はあくまでも個人の責任において仕事を任されています。

プレッシャーを感じてしまう成果主義

働き方が日本の企業とは違う外資系の企業ですが、メリットが多い反面、人によってはデメリットに感じられてしまう難点もいくつか持ち合わせています。まず、第一に言えるのが成果主義であると言うこと。外資の企業は待遇が良いと言われていますが、それは常に結果を求められているからです。日本の企業の場合、結果を出してから給与が上がっていくことが多いのですが、外資系の企業の場合だと最初から結果を出すことを見込まれており、そのため転職したばかりでも高待遇の給与を得ることが出来るのです。高待遇で迎えられると言うのはモチベーションの向上にも繋がりますが、プレッシャーを感じやすい人にとっては働きづらさを感じるかもしれません。

外資 ITは求人がたくさん出ていますので、理想的な条件を決めておくことが大切です。報酬や勤務時間、年間の休暇日数などをチェックしながら求人を選ぶことがコツです。