短期から中期の単身赴任にマンスリーマンションを勧める理由

手続きが簡素であること

数ヶ月から半年までの単身赴任にマンスリーマンションの利用を推奨する理由は、とにかく手続きが簡素であるからです。まず、入居に際して保証人を立てる必要もなく、敷金礼金がかからない不動産会社が多いです。短期から中期の出張の場合、ホテルを利用する会社も多いですが、ホテルの方が余計な費用がかかってしまうことがあり、経済的ではありません。マンスリーマンションならば、水道やガスの手続きが不要で、入居当日から使用できるのです。

身一つでお手軽な引越し

身軽に引っ越しできるというのがマンスリーマンションの最大のメリットではないでしょうか。家具が備え付けられていて、食器まで揃っているので身一つで引越しを済ませることができます。家族と離れて単身赴任をする場合は、後から衣類を送ってもらえば事足ります。最近では、マンスリーマンションでもインターネットが完備されていて、しかも無料で使用することができるとあって、快適にネットを使用することができるのです。

初期投資を押さえられる

初期投資を押さえることができるのがマンスリーマンションの魅力です。単身赴任の場合、引越しにかかる費用は会社が負担してくれますが、引越し業者を手配したり、家具を揃えたりするのは手間がかかります。そこで、マンスリーマンションを利用すれば初期投資にかかる費用を最小限に抑えられるのです。家具や食器を買い揃える必要もなく、最低限の荷物だけで引越しが完了するため、短期から中期の単身赴任には便利なサービスです。

マンスリーマンションは、入居の際に保証人が必要ない物件が多く、生活に便利な家電製品や家具などをすぐに使用できるといった特徴があります。